UP CROSS

株式会社小田急エージェンシー様インタビュー

odakyu-1

所在地 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目8番3号 小田急明治安田生命ビル
ウェブサイト http://www.odakyu-ag.co.jp
設立年月日 平成2年2月15日
資本金 5,000万円
従業員数 163名(平成25年6月現在)

本日は弊社のADMANを導入して頂いている株式会社小田急エージェンシー(以下、「小田急AG」と表記)経営管理部マネージャーの伊倉様にお話しを伺いました。
小田急AG様は1999年にADMANを導入され、現在15年目の運用を迎えております。その間に2度のリプレース(メジャーバージョンアップ)を行い、現在は3世代目のADMANをご利用頂いております。

それでは、最初に御社の事業内容を教えて頂けますか。

小田急AG様:
はい、当社は次の4つの事業分野を展開しています。
・ マーケティング・プランニング
・ プロモーション・プランニング
・ クリエイティブ・プランニング
・ メディア・プランニング
これらの事業を小田急グループの持つ様々な事業分野とのシナジーを活かした効果的な展開をしています。
特に電鉄事業にある電車の中吊りや駅看板のような小田急ならではの媒体を活かした事業は大きな柱となっています。
小田急沿線の住民への訴求力は大きな武器ですので、そういったターゲットに直結する小売業様等は中心的なお客様となっています。
また、小田急沿線には江ノ島、鎌倉、箱根と言った強力な観光地がありますので、それらの観光客も重要なターゲットとなっています。

なるほど。電鉄系広告会社としての強みを余すことなく活かされている訳ですね。
次にADMANの導入経緯についてお聞かせ頂けますか。

小田急AG様:
ADMANは1999年に導入したのですが、大きく2つの理由で導入に至りました。
一つは、それまで使っていたオフコン系のシステムからWindows系のシステムへの切り替えを行うべきとの判断があったこと。
もう一つは、営業収支管理と財務会計が別々のシステムとして稼働しており連動していなかったので、その重複入力を改善したかった為です。

その際に、ADMANを選定された理由は何だったんでしょうか?

小田急AG様:
某大手広告代理店を始め多くの広告代理店でのシステム構築経験を持っている会社が開発したパッケージソフトだったからです。

ありがとうございます。おっしゃるとおり、ADMANは大手広告代理店を始め幾つもの広告代理店の基幹業務システムのコンサルティングや開発をさせて頂いたノウハウを集結させたパッケージソフトですので、そこをご評価頂けたのは大変嬉しく思います。
ご利用頂いて15年目を迎えている訳ですが、昨年にも最新版へのリプレースをさせて頂きました。昨年のリプレースについてもお聞かせ頂けますか。

小田急AG様:
システムのライフサイクル上の理由ですね。前回のバージョンは10年近く利用していましたので、WindowsサーバーOSも古くなり、Microsoft社からのサポートを受けられなくなってしまうからです。もちろん、新しい機能要請も現場からは出てきていました。
リプレースにあたっては他社システムも検討しましたが、結局はADMANに落ち着きました。
ADMANが再度選定された理由は、ユーザーが慣れていることやアップクロスのコンサルタントやエンジニアが当社の業務を良く理解している事もありますが、何と言ってもADMANやアップクロスのサポートにマイナス要素が一切無かったと言うことが大きかったですね。長く使っていく上では最も大切な事だと思います。

新たな機能要請も新ADMANでは幾つか既に標準機能として持っていましたし、無かった機能もしっかり対応頂けました。

それは嬉しい限りです。当社の最も大切な指標として、長く使って頂くと言う事をあげていて、基幹業務系システムにおいて最も大切な事はその点だと思っています。
お客様に長く使って頂く、それを提供する私達も永遠にサービスを提供し続ける、そういった永続性が当社のミッションだと思っています。
現在、システムで解決したいような事業上、経営上の課題は何かございますか?

小田急AG様:
今回のリニューアル時に必要な課題解決はできたかと思っていますので、今のところはありません。
ただ、今後も随時出てくると思いますので、対応をお願いします。
先日お願いしました、新しい商材に関するツールをExcelベースで安く開発してもらったような対応も助かりました。ADMANではありませんが、そう言った周辺のシステム対応もお任せできるのは有難いですね。

当社では、ADMANを軸に広告業界に必要なあらゆるシステム対応をしていきたいと思っていますので、今後もそう言った相談をして頂けると嬉しい限りです。
現在、ADMANを運用するにあたって特に有効に活用されていたり、運用上で工夫なされているような事はありますか?

小田急AG様:
新機能として搭載された「汎用CSV」は便利ですね。様々な情報をこの機能とExcelで処理して社員に配布したりしています。

当社の保守対応は如何でしょうか?

小田急AG様:
ご担当頂いている方は当社の業務にもADMANにも精通していますので、新たな課題や問題が出ても運用上の工夫の仕方などを速やかにアドバイス頂けるので、とても助かっています。

ADMANや保守サービスについては概ね満足頂けているようですが、何か不満や要望はありませんか?

小田急AG様:
最新版のADMANに機能追加されていた各ユーザー毎の「ToDoページ」はとても便利で良いものだと思っているんですが、速やかにアドバイス頂けるので、とても助かっています。
ユーザーがそれを見る習慣が無いんですよね。もっとユーザーにとって見なければならないような、デスクトップとしての情報の充実をしていって欲しいと思います。特に月次に経理部員が各ユーザーにあれやこれや指示を出すのではなく、そのページを見るだけで完結して欲しいです。それと、アップクロスさんは大変多くの広告代理店様にADMANを提供されている訳ですが、色々な広告会社さんがどんな活用の仕方や管理をしているのか、そう言った事例をリファレンスとして公開してもらいたいと言う要望はありますね。

 

 

なるほど、ありがとうございます。確かに「ToDoページ」は未だ実装したばかりの機能ですので、皆様の声を頼りにもっと情報を充実させていかねばならないでしょうね。
事例をリファレンスとして公開して欲しいと言う要請は他のお客様からもありますので、検討していきたいと思います。ただ、各社独自のノウハウもあったりするので、
公開することが難しいところもあります。可能な範囲でできる事を考えていきたいと思います。
大変貴重な意見をいただきまして、本当にありがとうございます。

お問い合わせ・資料請求