UP CROSS

クライアント要望に合わせた請求書

クライアント様によって発行する請求書の内容が異なる場合があります。
弊社のシステムをご利用いただく
・広告代理店
・セールスプロモーション
・イベント
・制作会社
・モバイルメディア
・WEBメディア
・調査会社
・リサーチ会社
・コンサル会社
・ソフトウェア企業
・デザイン企業

においては、特にクライアントの要望に合わせて請求書への記載内容を変更することが多発します。

通常の販売管理システムでは

売上① 10万
売上② 10万
売上③ 10万

と登録した場合、請求書も
請求書① 10万
請求書② 10万
請求書③ 10万

としか発行できない場合が多く、個別に請求書をExcel等で作成しているケースが多く見受けられます。

弊社システムはもともと広告代理店様でのノウハウを基に作られたシステムですので、
クライアントの要望に合わせて様々な形式で請求書を作成することができます。

上記のような
売上①10万
売上②10万
売上③10万の
場合

<パターン1>
請求書① 請求金額30万
明細1 10万(売上①)
明細2 10万(売上②)
明細3 10万(売上③)

<パターン2>
請求書① 請求金額10万
明細1 10万(売上①)

請求書② 請求金額10万
明細1 10万(売上②)

請求書③ 請求金額10万
明細1 10万(売上③)

<パターン3>
請求書① 請求金額30万
明細1 一式 30万(売上①②③の合算)

のように登録に合わせて自由に請求書を作成することができます。
また応用として
請求書① 請求金額10万
明細1(売上①)

請求書② 請求金額20万
明細1(売上②)10万
明細2(売上③)10万
のように発行することもできます。

また複数のプロジェクトを合算しての請求書の発行や、明細名の変更、分割請求書の作成等用途に合わせて自由度の高い請求書の作成が可能です。

この際に一番重要なのは請求漏れや過剰請求が発生しないことですので、
部分請求をした場合でも請求情報を正確に管理していますので、期日に請求しなければいけない金額をシステムで適切に管理することで、クライアントへの請求漏れや過剰請求を防ぐ仕組みができています。

お問い合わせ・資料請求