UP CROSS

見込管理

企業活動において必要な数値として大まかに括ると以下の項目があげられます。

①予算
②見込み
③売上実績/原価実績
④請求実績/発注実績
⑤入金/支払

この数値の中で一番管理が難しく、かつ経営者がリアルタイムに欲しい情報は②の見込みの数値となります。

営業の見込み管理は多くの企業で実施されていますが、
Excelで個別管理を行っている企業が大半です。
社内で決めた見込み確度と各営業からの報告を取りまとめ、部門長や経営者は将来の着地予測を立てます。
Excel管理でのデメリットは、見込み情報と実績情報の二重管理になることと、見込み情報を登録したExcelの完成まで見込み情報がわからないことです。

アップクロスのご提案するシステムでは、入力された見込みデータを基に様々な角度からの見込み管理を行うことができます。
また独自に管理表やグラフを作成したいお客様には、システムに入力されたデータを活用して自由に編集ができるように、使いやすい内容でCSVを抽出させていただくことも可能です。

広告代理店様の例で説明させていただきます。
このような情報の入力を行います。

nyuuryokurei

各営業が入力を行うことで、担当別、グループ別、部門別、全社 の数字に集計されます。
また部署分析ではなく、売上種目別やプロジェクト別の集計も同時にシステムで行いますので、
様々な角度からの分析を行うことが可能となります。

(例)受注確度別集計
jyutyuukakudobetu

(例)売上種目別集計
syumokubetu

(例)予算実績推移
yojitu

データを有効活用して、BIツールを利用して販売管理上のデータを集計したり、グラフ化することも可能になります。

お問い合わせ・資料請求