UP CROSS

プロジェクト別損益

一般的な販売管理システムでは
hanbai
上記のような構成で売上と原価を管理しています。

しかし
プロジェクト(案件)型でお仕事をされる企業様の場合、上記のようなシステムでは運用に
あわず、本当に欲しい集計や管理ができない状態になります。

プロジェクト型でお仕事をされる企業様の例は
・広告代理店
・セールスプロモーション
・イベント
・制作会社
・モバイルメディア
・WEBメディア
・調査会社
・リサーチ会社
・コンサル会社
・ソフトウェア企業
・デザイン企業

等々です。

これらの企業様が上記のような一般的な販売管理システムでは合わない理由として

①複数の売上明細(受注明細)で仕事を行う。
②プロジェクト(案件)の括り方が部署や担当、お客様によって異なる。
③請求書がお客様のご希望によって様々に変化する。
④1つの売上に紐づく原価が複数発生する。
⑤同一プロジェクト内においても請求先が複数になったり、社内の売上担当者が分かれる。

等々があげられます。

アップクロスが提供する ADMAN/APLEXは上記のような問題点を解決するためのシステムです。
corekousei_pj
プロジェクト単位に登録をすることで複数の売上・複数の原価の管理を行います。
正確なプロジェクト損益を把握することで、赤字プロジェクトの撲滅や赤字化しそうなプロジェクトの事前把握を可能にするシステムです。

お問い合わせ・資料請求