UP CROSS

業務の一元管理

弊社がお客様からシステムのご相談をいただく際に

・自社内に複数のシステムやデータが存在している。

というお悩みをよく伺います。

たとえば
・営業の見込み管理はExcelで行っている。
・売上管理は販売管理システムで行っている。
・原価管理は、販売管理システムで使いにくいので別途管理シートを作成している。

といったような例です。

複数のシステムやデータ管理が存在することでいくつかの問題点が起こります。

・入力が二重化三重化して業務効率が悪化する。
・いろいろなシステムが混在するためどの数字が正しいのかがわからない。
・Excelで管理をしているため集計に時間がかかる。
・部門間の連携や情報共有ができない。
・入力漏れや対応の漏れに気が付きにくい。

といった点です。

アップクロスが提案させていただくシステムは業務の一元管理を行うシステムです。

gyoumuflow

初回に登録したデータを業務の流れに沿って有効活用するため、
・データ入力の簡素化(二重入力、三重入力を防ぐ。)
・入力データの有効活用(売上情報が請求情報に展開。原価情報が支払情報に展開。)

を行えます。

またシステム内で処理が漏れている項目のチェックができます。

・売上計上漏れのチェック
・原価計上漏れのチェック
・請求漏れのチェック
・入金漏れのチェック
・原価確定漏れのチェック
・未払い原価へのチェック

等々です。

業務の一元管理を行うことで、業務効率の向上を行い、正確な数値把握を行うことが可能となります。

お問い合わせ・資料請求