請求書を出し忘れてしまうと、どうなるのか?出し忘れを防ぐ方法をご紹介

「請求書を出し忘れてしまった、、、」決してあってはならないことですが、慌ただしい業務が続いていたり、最終的に確認する人が決まっていなかったりすることで、請求書の出し忘れてしまうリスクがあります。
もし、請求書を出し忘れてしまうとどうなるのか、その対処法と未請求を防ぐ方法をご紹介します。

目次
1.請求書を出し忘れてしまうと
2.請求書を出し忘れてしまった際の対処法
3.請求書の出し忘れによる悪影響
4.請求書の出し忘れを防ぐためには?
5.システムで管理を行うメリット
6.ADMANの請求漏れを防ぐ機能
7.まとめ

1.請求書を出し忘れてしまうと

請求書とは、商品やサービスを提供の対価を支払っていただくための書類です。請求書には金額や支払期日等が記載されています。取引先は請求書が届かなければ、「いつまでに・いくら」支払わなければならないのか分かりません。また、企業によっては請求書が届いてから支払依頼を回すというフローが決まっていることもあります。請求書を出し忘れてしまうと支払依頼がされず入金が行われることもないのです。

2.請求書を出し忘れてしまった際の対処法

請求書に記載されている金額の多くは売掛金です。民法によると売掛金には5年という有効期限が定められています。うっかり請求書を出し忘れてしまい、そのまま5年経過してしまった際には永遠に支払いが行われることはないのです。
この5年という時効を延ばすためには、しかるべき対処が必要です。例えば、内容証明郵便で催告することにより、一時的に時効の進行をストップさせることが可能です。
また、債権について取引先と協議を行うことを書面で合意ができた場合は、1年間時効の完成が猶予される「協議を行う旨の書面での合意」というのがあります。

しかし、これらは法律上の話です。

請求書を出し忘れてしまったことに気づいたら、先方に連絡を行い、請求書を発行する旨と入金をお願いの連絡を行いましょう。

3.請求書の出し忘れによる悪影響

請求書の出し忘れによって入金がされない他に様々な影響があります。その1つが、自社の資金繰りへの影響です。
健全な経営活動を行うためには資金繰りの管理が大切です。案件に関わる仕入があるにもかかわらず、請求書の出し忘れによって入金が滞ってしまうと大きなマイナスとなってしまいます。資金の流れが悪くなり経営活動に支障をきたしてしまうのです。
もう1つは、取引先への信頼を落としてしまうことです。請求漏れによって自社の資金繰りが崩れるように、取引先も同じように資金の管理が滞り、トラブルの基となります。また、期日までに請求書を送れないとなると、管理体制も疑われ信用が落ちてしまいます。

このように請求書を出し忘れてしまうと、自社はもちろんのこと取引先にも影響が出てしまうのです。

4.請求書の出し忘れを防ぐためには?

請求書の出し忘れを防ぐための方法として、得意先ごとに発生した売上金を管理したり、請求書にナンバリングを行ったりすることが挙げられます。その他に請求フローの明確化やチェックリストを作成し複数人での管理の徹底することでさらに請求書の出し忘れを防ぐことができます。

しかし、今挙げた方法でもミスが発生する可能性もあります。例えば、得意先ごとの売上金の管理もExcelで管理を行っているのであれば、二重入力により金額の入力ミスが発生しやすくなります。複数人での管理を行うにも同時に操作できないことや、誰が変更したのかが分からないため、非効率的です。
請求書の出し忘れを防ぐ方法はいくつかありますが、最もおすすめなのはシステムで管理を行うことです。

5.システムで管理を行うメリット

●手間やミスを削減できる
販売管理システムでは、入力された売上金を請求書に反映させることが可能です。そのため、Excelで個々に得意先ごとの売上金の管理や請求書作成を行う手間を省いたり、二重入力の必要もないので、請求金額のミスも減らしたりすることが可能です。
また、システムでは請求書の出し忘れがないかを確認できる機能も搭載されているので、それらを活用することで、簡単に未請求がないかを確認できます。

●複数人で未請求を確認できる
システムでは複数人で管理が可能です。月末に未請求を確認する等システムを活用した業務フローを明確にしておくことで未請求を防ぐことが可能です。
アクセスログという機能で誰がどんな操作をしたのかを見ることができれば、万が一ミスが発生したとしてもログで確認することができます。余計な詮索に時間を割くことなく業務に励むことができるのです。

●請求→入金を一元管理できる
請求書の発行漏れを確認できますが、入金の管理もシステムで同一のシステムで可能です。もし、入金の確認が取れなかった際に請求漏れなのか入金が滞っているのかをシステムで確認をすれば一発でわかります。
売掛管理をシステム内で完結できる点においても手間を省き効率化することができます。



6.ADMANの請求漏れを防ぐ機能

弊社でご案内しているADMANでは次のような請求漏れを防ぐ機能を搭載しております。

未請求一覧表
請求漏れがないかを確認できる帳票です。五十日や月末に確認を行い、請求漏れがないか確認を行います。この帳票に表示されるデータがなければ未請求の売上はないということになります。

Todo機能
お知らせを表示するTodo機能の中に請求に関するメニューがあります。請求予定日が近い売上や請求予定日が過ぎている売上に対しアラートが表示されます。Todo画面を確認することで、請求漏れがないのかを確認することが可能です。


7.まとめ

請求書の出し忘れはあってはならないことですし、頻繁に起こることではないと思います。しかし、日々の業務が慌ただしかったり、管理体制が十分なかったりすると発生してしまうリスクがあるのです。このリスクを未然に防ぐためにも、請求書の管理体制を整えることやシステムの活用を検討することをおすすめします。

販売管理・経理業務に
役立つ情報をお届け!

アップクロスでは、販売管理や経理業務に携わるお客様に向けて、月に1~2回お役立ち情報を無料で配信しています。
広告業に特化したアップクロスだから、業務に役立つ基礎知識など広告業で働く方にお役に立てる内容となっております。

メルマガ配信依頼はこちら
人気記事ランキング