販売管理システムとは
~基礎から選定のポイントをご紹介

販売管理システムとは

Excelでのデータ管理に限界、業務効率化のためにシステムを導入したいけど販売管理システムって何?
販売管理システムってたくさんある!どれを選んだらいいんだろう。
このように、販売管理システムの導入を導入コストや機能面から比較検討してみたものの、ネット上の無数にある情報で混乱してしまう、なんてことはありませんか?

そんな販売管理システムを探している方へ、販売管理システムとは何か、また選定のポイントをご紹介してまいります。

目次
1.販売管理システムとは
2.販売管理システム選定のポイント
3.広告業向けの販売管理システムの特徴

1.販売管理システムとは

販売管理システムとは

販売管理システムとは、簡単にいうと「業務を効率化するシステム」です。
自社のサービスや製品を販売する際は、

・どこに(クライアント)
・どれくらい(数)
・いくら(金額)
・いつ(納品日)

といった情報を管理する必要があります。
それだけではなく、見積書や請求書の作成、入金管理等も行いますね。
この受注業務から入金業務までの一連の業務フローの管理をシステムで行うことができるのが、販売管理システムです。

販売管理システムの主な機能は受注・発注、入荷・出荷、売上・請求・入金などで、
登録したデータをもとに、実績を見たり分析に用いることもできます。


2.販売管理システム選定のポイント

販売管理システム選定のポイントとは

販売管理システムの中にも様々な種類があります。
どんな販売管理システムを選んだらいいのか悩んでしまうのも、種類や機能が多いからかもしれませんね。
この章では販売管理システムを選定する際のポイントを2点ご紹介します。

販売管理システム選定のポイント
①自社の業種に合っているか
②パッケージ型?スクラッチ型?

①自社の業種に合っているか
一番重要なポイントは、自社の業種に合ったシステムなのか、ということです。
また、システム会社が自社の業界に詳しいか、というのもシステム選定のポイントでもあります。
自社の業種と合っていないシステムでは必要な機能が備わっておらず、無駄なコストがかかってしまったり、そもそも業務効率化に繋がらなかったり。
業界への知識が乏しいと話が通じず、思った機能を搭載することが難しいなんてこともあります。
自社の業種ではどんな機能が必要なのか、検討する際には簡単にまとめてみましょう。

②パッケージ型?スクラッチ型?
販売管理システムの導入を検討する際、導入コストや時期がある程度決まっていると思います。
そのコストや時期を左右するのがパッケージ型か、それともスクラッチ型かという点です。
また、パッケージ型でもカスタマイズを施した、いわばセミオーダーのようなシステムもあります。
それぞれに違いを確認して、自社にマッチしているシステムを選定しましょう。

パッケージ型

特徴 ・短期で導入をしたい
・自社の業務が、業界的に一般的である
メリット ・初期導入費用が安価
・短時間でシステム導入が可能
デメリット ・スクラッチ型に比べカスタマイズの自由度は下がる
・業務フローを一部変更する必要がある

スクラッチ型

特徴 ・導入まで期間の余裕がある
・自社の業務が、業界的に特殊である
メリット ・自社が望む機能を作ることができる
・自社の業務フローをもとにしているので、導入後の負荷が軽い
デメリット ・初期導入費用が高額になる
・導入までに長い期間が必要

パッケージ型(カスタマイズ)

特徴 ・業界の基準の業務フローに合わせつつ、自社独自の業務フローを保つことができる
メリット ・スクラッチ型に比べ初期費用を抑えることができる
・自社独自の機能を搭載できる
デメリット ・パッケージ型に比べ、初期費用や導入までの期間がかかる

システム選定について2点ご紹介しました。
一番重要なのは①自社の業種に合っていることです。
その点を踏まえ、②パッケージ型かスクラッチ型かを自社の基準に沿い選定していきましょう。


3.広告業向けの販売管理システムの特徴

広告業向け販売管理システムの特徴とは

販売管理システムを選ぶ際は業界にフィットしていることがポイントと解説いたしました。
それは、業種によって必要な販売管理システムの機能が変わるからでしたね。
例えば物販であれば在庫管理、建築系であれば工数管理が必要です。

案件ベースで収支を把握する広告業では、複数の売上や原価の管理が必要です。
しかしながら、現在使用している販売管理システムにこの機能がなく課題を感じている企業様が多いのが現状。
通常のシステムですと売上と原価を1対1で管理することが多く、
販売管理システムとは別にExcelや他のシステムを併用されている企業様もいらっしゃいます。
その場合、二重入力の発生で業務効率化はできませんし、
案件ごとの収支管理ができずいつの間にか赤字案件になっている、なんてことも起きかねません。

この「複数の売上や原価の管理」が広告業向けの販売管理システムの大事な特徴です。

最後に
今回は販売管理システムとは何か、そして選定のポイントをご紹介しました。
1.販売管理システムは業務の効率化を図るシステム
2.自社の業界に合ったシステムを選定するとが重要なポイント
ご参考にしていただけますと幸いです。

次回は、ご紹介しきれなかった広告業向けの販売管理システムについて、
機能や特徴を紹介いたします。

【関連ページ】
>>正確な収支管理はできていますか? 広告や制作に携わる企業様向けの販売管理システムとは
>>ERPとは何ですか?ERP導入のメリット・デメリットを教えてください

ADMANは広告業向けの販売管理システムです。
詳細が気になりましたら、無料で資料をダウンロードいただけます。


人気記事ランキング